8月の頭から行われていたCRAWL vol.10【怪物】が5日に終了しました。
暑い中、目黒区民ギャラリーまでお越しいただき、ありがとうございました。

 

僕は今回、「石」を描きました。

実は展示テーマが【怪物】と決まるずっと前から暖めていたモチーフだったのですが
今回決まったテーマに大して、これをぶつけていくのは面白いんじゃないかと、思いたち描くことにしました。

いつものことですが、制作には紆余曲折があり
土壇場で、描く手法であったりモチーフを変更することは、しばしばあることですが
今回は頭にあったイメージと狙いが、手法に合わず直前で モチーフを変更しました。

当初僕が描こうとしていたのは、加工が施された石。宝石でした。

きめ細やかなカットが施され、煌めきを放つ多面体を、面白おかしく気持よく描いていこうと決めていたのですが
制作環境や紙のチョイスのせいでいつもと比べ転写があまく、ピントはぼやけ、輪郭がはっきりしない。

出来上がるものは、するどいカットなどと無縁な、もやっとした石ばかり。
時間もなかったので焦る中、今できている表現に合うものに変え描ききろうと決めました。

開き直ってからは発見の連続で
薬品の量や手の圧力で、いつもと違う表情を次々と発見でき、これはこれで何か新しいものをつくれる予感がしました。
時間の都合で今できる範囲内のものに納めてしまうことになったのが無念ですが、面白い経験ができました。

しかし次はまったく違うものをつくりたい。
貯めてばかりで実現しないアイデアをかたちにしていなきゃと焦る展示でもありました。

PAGETOP