いつの間にか最低気温一桁が
当たり前の気候になっていたんだね

今日は日が暮れる前に一人銀座へ

目的は葛西薫の個展
タイムトンネルシリーズ Vol.25 葛西薫 1968
22日が最終日で危うく見逃してしまうところだった
危なかった

さほど広くはないスペースにこれでもかと
葛西薫の作品が壁一面をビッシリと

嬉しかったのは葛西さん本人による雲形定規で描かれた
プロペラやブタの鼻、マカロニのような管、アイデアスケッチ、落描き
その原画が直接触わって見れるかたちで展示してあったこと
僕が触れていいものかとドキドキしながらも
じっくり拝見させてもらった

ジャンルイジ・トッカフォンドによる
ユナイテッドアローズの映像が流れていたし
さらに彼の原画まで展示してあった なんというおまけ

やはり生はいい
ただただ繰り返し、ため息が出る展示だった

PAGETOP