最近よく料理をしてて 野菜や肉を煮込む際、灰汁(あく)をよくとる
さて灰汁とはいったいなんだろう よくは知らない けど毎回必ず丁寧に取る

『灰汁(あく)とは、食品に含まれる、渋み・苦み・不快な臭いなどの元となる、食事には不要な成分の総称。灰汁は多様な物質や現象の総称である。硝酸、シュウ酸、ホモゲンチジン酸などの有機酸や、アルカロイド物質、タンニンなどのポリフェノール類、肉の血や浸出液に含まれるタンパク質、遊離アミノ酸などが灰汁の成分であると考えられている。』
(Wikipedia -灰汁- より)

『鍋の作り方を取り仕切りたがる人のことを「鍋奉行」と呼ぶが、
これになぞらえて灰汁(あく)を取る人のことを「アク代官」と呼ぶことがある。』
(Wikipedia -灰汁- より)

ふふぅん

PAGETOP